コラム

1、なぜ「ビール」の店に「ジンギスカン」のメニューがあるのか(2005.3.25)


最近、よく聞かれるのが上記の質問です。
これは当店に来るビールをメインで楽しまれる方からも
逆にジンギスカンをメインで楽しまれる方からも受ける質問ですので、
ここで改めて当麦酒食堂Beer&Bearというビールのお店が
ジンギスカンを置いているのかという背景をご説明いたします。

開店当初はジンギスカンはメニューになく、
もちろん現在の
「ジンギスカンブーム」が起きているから便乗したのでもありません
実はブームの起きる1年以上前に当店の常連のある方が
「北海道にいいラム肉を出している肉屋さんがあるので
メニューに加えたらどうか」

と初めて生ラムのお店を紹介してくれたのがそもそものきっかけです。

ビールの種類にもよりますが、一般的な認識としては
ビールには焼肉というのは相性としていいと判断し、
牛などではなくラム肉というのも珍しいから
ビールに合わせる料理としては目玉になると思い導入を決意しました。
一昨年の暮れからメニューとして入れることにしました。

その後、昨年の秋あたりから問い合わせが増えるようになり
一時はテレビや雑誌等マスコミからの取材申込みまでありました。
取材等は全てお断りし、本来はビールのお店という性格上、
ご予約のみの受付としました。
まだ少し寒い時もありますが、確実に春が近づいています。
原則として当店は外のテラス席にて七輪でジンギスカンをお召し上がりいただきます。
できれば、世界と日本の様々なビールを知っていただける機会にも
なると思いますのでビールも同時に楽しんでいただければと思います。

ちなみに当店がジンギスカンに合うビールとして
提案するのはエール系のビールです。